TOP  >  病棟紹介  >  静岡徳洲会病院の特徴
病棟紹介

静岡徳洲会病院の特徴

急性期から慢性期まで ケアミックスの静徳

静岡徳洲会病院は、一般病棟、慢性期病棟、障害病棟、外来、透析、手術室と幅広いニーズに対応しています。
また、グループとして市内に特別養護老人ホームとグループホームを有し、医療・福祉のトータルケアを充実させています。

静岡徳洲会病院
   
静岡徳洲会病院のケアミックス

ケアミックスって何?

ケアミックスの病院は複数の機能を持った病院です。
当院で言うと、「一般・療養・障害」の3つの機能を持ち合わせています。 これが三位一体となり、急性期から慢性期に至るまで時間軸で看護ができます。

メリット
  • 院内で幅広い知識を身に付けられる
  • 比較的穏やかな空気で、新人の方には気持ち的な余裕がある
ライフスタイルの変化に対応しやすい

若い頃は急性期で幅広い知識を身に付け、結婚して子供ができたら今までの知識を活かせる慢性期病棟への転換が考えられる。…このように院内で無駄無くキャリアチェンジが可能

デメリット
  • 特定の分野希望の方には向いていない グループ内の病院へ、転勤が可能
  • 配属希望が叶わない ローテーション研修後、看護部長と配置について面談あり
  • アットホームな雰囲気です 292床の病院です
1つの病院施設内で「一般的な診療、治療、手術、ケア、看取り看護」など患者さんの状態や状況に適した医療提供をサービスできる!
患者さんにとっては「病状や状況、状態の変化に合わせて転院先を探さなくて済む」!!

災害医療・救急医療・予防医療などにも注力

災害時には、災害の拠点の病院になれるように、免震構造はもとよりコーゼネ装置、井水・市水の併用等を準備しています。また、PET-CTを含むがんドック及び生活習慣病予防検診などの予防医療に関しても充実しています。

施設紹介

健康管理センター(人間ドック)

「1.がんの早期発見・早期治療」「2.保健指導を含めて生活習慣病の予備軍の健康管理」「3.快適な健診が受けられる、真心を持った接客」に重点を置き受信者に安心と笑顔を提供します。小さながんを発見するPET-CT、デジタルマンモグラフィー、MRI、心臓超音波などの最新の医療機器を使用して検査を実施。制度の高い検査結果をご提供できるように努めています。健診結果で精密検査が必要な場合でも各診療科と連携がとれます。電子カルテにて健診時の結果を共有しているため、無駄な検査はありません。24時間救命救急医療を実施していますので、万が一の救急時にも健診結果が過去のデータとして救急医が確認できます。

透析室

患者さまに個別で対応できるよう問題解決に取り組んでいます。体調不良の時の入院の配慮から送迎、夜間、休日の緊急透析の受け入れなど、患者さまが安心して、生活、治療が受けられるよう心がけています。

充実の医療機器 (64列マルチスライスCT/1.5テスラMRI/デジタルマンモグラフィー)

充実した最新設備と、優れた技術を有する医師、技師により精度の高い正確な診断をすることができます。

PET-CTセンター

PET(陽電子放出断層撮影)とCT(X線断層撮影)を同時に撮影し、PETとCTの画像を重ね合わせることを可能にした最新鋭の装置です。短時間で全身を検査することができ、早期がんの発見に威力を発揮します。

通所リハビリ

介護保険を認定された方が介護プランに基づき心身機能を維持・回復を図り、日常生活自立の支援を行います。

ページトップヘ