TOP  >  先輩インタビュー  >  5階西病棟(急性期・外科系病棟)看護師
先輩インタビュー
向上できる病院-5階西病棟(急性期・外科系病棟)看護師 真杉 尚子-

憧れ

わたしは看護師になって今二年目で、まず看護技術を学びたいという想いがあるのですが、それと同時に(看護師に対する)「憧れ」という部分があります。

充実感

実際、患者様を前にして、自分の知識や技術がないと、直接患者さんの生死と直結してしまいます。でも患者さんから感謝の言葉を頂いたり、患者さんが元気になって帰っていく姿を見ると、自分の看護したことが少しでも患者さんに貢献できているんだなという想いで、充実感が感じられる職業だと感じてます。

向上できる病院

看護学校時代の同期の子と時々会って話すことがあるのですが、やはり病院によっては「こういう技術は一年目はできないよ」とか、病院によって色々なやり方があると思うんです。この病院では、とにかく色々なことに関わらせて頂いています。まずは実践して技術を向上させていけるという事がイイかなと思いますね。

チーム医療

病棟全体も明るくて、他職種との連携とか関わりとかも深く、色んな情報交換も出来てます。とにかく明るい人が多いですね。

1人1人のペースで

この静岡徳洲会病院は、1人1人のペースに合わせて、指導、教育もしてくれますし、皆さんとても暖かいスタッフが揃っています。是非皆さんも静岡徳洲会病院に入職して一緒にお仕事が出来たらと思います。
ページトップヘ