教育・キャリア

教育・キャリア

教育体制

教育構想

(1)教育方針

感性を育てる 五感、六感を育てる(手を使う・触れる・見る・聞く・嗅ぐ)
自ら学ぶ「気づき」を大切にし、謙虚で誠実な姿勢で取り組む看護師を育成する

(2)教育目標

  1. 一人の人間として人を思いやる豊かな心を培う
  2. 専門職業人として個々が主体的に知識の向上を図る
  3. 専門職業人として安全で根拠に基づいた看護技術を習得する

求める看護師像

静岡徳洲会病院では、看護部理念
「優しさと思いやりの心で病む人に寄り添い、こころに届く看護を提供する」
を実現するために、右の4項目を重視した看護教育を行っています。

  • 傾聴
  • 共感
  • 問題意識
  • 挑戦する心

また、患者さんの生命と健康を守り、安心・安全な看護を提供するために、
プロフェッショナルとして生涯にわたり学び続くける人を求めます。

教育の特徴

新人ローテーション研修

一人一人の個別性を大切にした丁寧な指導
ローテーション研修後に病棟配置が決まります

  • 新人看護師は入職時のオリエンテーションや基礎技術の集合研修後、病棟を中心に、ローテーション研修を行います。
  • グループに分かれて、急性期・慢性期・回復期の病棟をまわり、各部署の先輩看護師とシャドーイング形式で、実際の病棟の特徴や病棟の雰囲気、基礎技術を体験します。
  • ローテーション研修終了後、配属希望のアンケートを実施して、看護部長と面談し、自分に合った部署に配属となります。

クリニカルラダー

クリニカルラダーでキャリアアップを支援します

看護師として必要な知識・技術が習得できるように、段階を分けて教育を実施する制度です。
実践能力的な能力だけではなく、管理的な能力開発も含めた内容となっています。

1年目の教育プログラム

4月
  • オリエンテーション
  • 入職時研修
  • 基本技術研修
  • ローテーション研修
  • 感染対策
5月
  • 急変対応
  • 医療安全
  • 輸血・麻薬管理
6-8月
  • 看護必要度
  • 夜勤オリエンテーション
  • フィジカルアセスメント
  • 褥瘡対策
9-10月
  • 急変対応
  • 倫理研修
  • 看護観
  • 院内留学
11-12月
  • 多重課題
  • 看護課題
1-3月
  • 認知症看護
  • 感染対策

院内留学

院内のコミュニケーションを促進し、思いやりの心を育む他部署体験研修

当院の組織横断的な取り組みの一つとして『院内留学』があります。
院内留学とは、他職種の業務を1日体験する教育プログラムのことです。
院内では、数多くの専門職が一つのチームとして働いており、業務を遂行する上で他職種への理解とコミュニケーションが欠かせません。
一つの医療チームとして、患者様により良い看護を提供するため、当院看護部では他職種連携の強化を図るため力を入れています。

プリセプター制度

先輩看護師がマンツーマンで指導します

新人看護師の教育・研修制度としてプリセプター制度を導入しています。
一人の新人看護師(プリセプティ)に対し、一人の先輩看護師(プリセプター)が付きマンツーマンで教育、指導をする制度です。看護技術はもちろん、精神的な面でも支えます。

eラーニング

eラーニングを使って、知識・技術の習得や予習・復習を支援します

インターネット環境があれば、どこでも閲覧できるeラーニングを用いて自己学習の推進に取り組んでいます。
院内には、24時間365日利用可能なインターネット環境の整った図書室を設けています。

シミュレーションルーム

看護技術を学習するための支援スペースです。

シミュレーションルームで、苦手な技術を練習して、不安解消しています。